2020年10月21日

【日本一の芸人Youtuber】カジサックのYoutubeコンサルが面白い件について

どうも!ブランドクリエイターの中江です。

今日は「カジサックのYoutubeコンサルが面白い件について」というテーマでお話していきたいと思います。

今日、なぜ、このテーマを扱ったのかというと、来週の金曜から、僕のYoutubeチャンネルを再スタートさせるからです。

ブランディングというテーマについて特化させたチャンネルで、毎週金曜と土曜の19時から週2回の配信をしようと思っています。

テーマがニッチなので、10万人とか、100万人登録は無理だと思いますが、最終的には1万人登録まで伸ばせればなと思います。

まずは、1年間で100本、質の高い動画を上げ続けることが目標です。

さて、それにあたってですね。

Youtubeの戦略を練るために、有料の教材や講座を買い漁ったり、色んなYoutuberの研究をしてたりしていました。

中でも面白いなあと思ったのが、芸人のキングコング梶原さんが運営されている「カジサックch」でした。

このチャンネルを見る前は

芸人さんで、知名度があるから、成功したのかな

くらいに思ってましたが、とても緻密に戦略が練られていました。

梶原さんは、2018年10月にこのチャンネルを開設し、

2019年の12月までに、100万人登録に届かなければ、芸人を引退する

という宣言をして、スタートさせました。

一本目の動画で、吉本の現社長の藤原さんにそのことを宣言することから始まりました。

画像出典:https://www.fujitv-view.jp/

梶原さんは、1年がかりで、Youtubeのことを勉強し、様々なチャンネルを分析した上で、このチャンネルをスタートさせています。

ただなんとなく、片手間で始めた訳ではありません。

今は、芸能人の方がYoutubeを始めるブームが来ていますが、多くの場合は、戦略もなく始めたことによって、全国的な知名度があるにも関わらず、登録者数数千人〜数万人で停滞しているチャンネルも非常に多いのです。

カジサックさんの最初の動画は

芸人が、Youtubeの世界に入ってくんじゃねぇ

という反発が多くあり、3万9000人から低評価を受ける逆風からのスタートでした。

そんな中、このカジサックchは、予定よりも大幅に早い2019年の7月に100万人登録を達成し、今では200万人を超えるチャンネル登録者数になっています。

中でも人気なのは

「芸人さんを呼んで、テレビでは聞けない本音・エピソードトーク」

「カジサックファミリーが出演する動画」でした。

これまでのYoutubeにはない、新しい切り口のコンテンツは、大いに受けて、チャンネル登録者数が激増しました。

そして、僕が見つけたのは、そんなカジサックさんが、先輩芸人の河本さんにYoutubeコンサルをするという動画でした。

河本さんは2020年にYoutubeチャンネルを始めたのですが、とにかくチャンネル登録者数も再生回数も伸びずに悩んでいました。

そんな現状をカジサックさんに相談するという動画です。

この動画、Youtubeに関するアドバイスが非常に的確で、めちゃくちゃ面白い。笑

様々な角度から、カジサックさんがダメ出しされていたのですが、僕がとても重要だなと思ったのが、「コンセプト設計」の話です。

なぜ、河本さんのチャンネルは、チャンネル登録者数も再生回数も伸び悩んでいるのか?

それはコンセプトが弱いからです。

(カジサックさんは動画で「コンセプト」という言葉は出してなかったですが、内容は同じです。)

コンセプトとは

このチャンネルは、誰に、どんなコンテンツを届けて、どんなチャンネルを目指すのか?

という部分のことです。

まず、重要なのは、このチャンネルが何をやりたいのかがわからないのでは、視聴者は応援できないということです。

基本的に、応援されなかったらチャンネル登録者数は増えません。

そして、コンセプト設計において重要なのは、「ユニーク性」と「需要」です。

こういうチャンネルは他にはなかったよね

と言われるくらいの「個性」が必要になります。

というのも、Youtubeは黎明期が過ぎ、どんなジャンルであれ、非常に多くのチャンネルが立ち上がっています。

そんな中、選ばれるためには、他と同じようなコンセプト、コンテンツで発信していても見てもらえるようになるわけがありません。

Youtubeでは

まだないポジションをいかに取るのか?

というポジショニングが重要になります。

もうすでに誰かがやってるポジションを取れば、二番煎じになり、伸びません。

そのために重要なのは「自分の武器」を活かすことです。

武器とはその人の特性のことです。

その人の特性を活かさない限り、絶対にユニークなチャンネルはできません。

河本さんのチャンネルが伸びてなかったのは色々原因はありますが、まさにこの特性を生かしてなかったのが大きかったと動画では語られています。

例えば、河本さんは、めちゃくちゃ明るい性格のはずなのに、Youtubeではかなり暗いテンションで撮ってたりしてました。笑

では、河本さんの最大の武器は何か?

梶原さんは

人徳

だとアドバイスします。

河本さんは後輩芸人もめちゃくちゃ可愛がっているし、先輩にも可愛がられています。

なので、

Youtubeに出演してください

と頼んだら、2つ返事で後輩に限らず、大御所の人でも喜んで出てくれます。

これはカジサックさんにはない特性です。

というのもカジサックさんは

僕は、これまで後輩も可愛がってこなかったし、先輩にも可愛がられてこなかったから人徳がない

と本人が言ってました。笑

これまでチャンネルに出ている芸人や芸能人は、頼み込んで初めて、出演を承諾してもらえた人ばかりで、断られたことも多いそうです。

これが要するに武器ですね。

そう聞けば

他人に誇れる、自分の武器はこれだな

というものを思いつく人はいっぱいいると思います。

それを活かしていくべきです。

ただ単純に、Youtubeノウハウを聞いて、そのままやるっていうのは、芸がないです。

例えば

  • 話す速度は早めで、間はカット
  • タイトルコールは離脱されるので、不要
  • 冒頭にはこの動画を見るメリットを言え
  • 自分のプロフィールを出して、ブランディング
  • 同じジャンルのライバルのヒットしてる動画のキーワードをパクろう
  • サムネイルはこんな風に作ればクリック率が上がる

といったものです。

これを守りすぎると、それこそ無個性な動画やチャンネルが出来上がります。

今、Youtueのチャンネルを見渡してみると、こんなノウハウを守っているチャンネルばかりです。

ノウハウは守っているけど、俯瞰してみたら、ポジショニングがダダ被り。

それではどれだけ動画を積み上げても、伸びません。

ぜひ、このことを意識して、チャンネルのコンセプト設計から始めてみてください。

また、LINEでは、WEB集客やブランディングについてより詳しい話をしているので、良かったら登録してみてください。

今なら「デジタル時代のブランド戦略セミナー」というWEBセミナーもプレゼントしています。

では、今回は以上になります!お疲れ様でした!

By 中江 翔吾 Youtube集客 Share:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

About Me

名前:中江翔吾。職業:ブランドクリエイター(デザイナー&コンサルタント)一流のデザイナーからグラフィックデザインを学び、フリーランスのデザイナーとして活動を開始。その後、インターネットマーケティングの力を活用し、安定した集客の仕組みと、ブランドを構築。営業は全くせずに仕事の依頼が常に2~3ヶ月待ち。現在は「CREATE A BRAND」をコンセプトに、デザインとマーケティングの力を使って、個人・企業の規模を問わずに、ブランド構築のサポートを提供している。

Follw Me
最近の投稿
【ラジオ配信】Youtubeで疲弊せずに配信を続けるためのポイント
【ラジオ配信】Youtubeで疲弊せずに配信を続けるためのポイント
【Youtube】サイボウズから学ぶインナーブランディングの重要性とは?
【Youtube】サイボウズから学ぶインナーブランディングの重要性とは?
【Youtube】ブランディングの手法と流れを徹底解説!「長野県No.1のタクシー会社」の事例から学ぶ
【Youtube】ブランディングの手法と流れを徹底解説!「長野県No.1のタクシー会社」の事例から学ぶ
【SUITSと渋沢栄一から学ぶ】道理に基づいた経営判断ができない企業はなぜ滅ぶのか?
【SUITSと渋沢栄一から学ぶ】道理に基づいた経営判断ができない企業はなぜ滅ぶのか?
【ラジオ配信】ホームページ制作の価格を40倍にまで高めた方法
【ラジオ配信】ホームページ制作の価格を40倍にまで高めた方法