2020年11月10日

【2つの螺旋丸から導く】自分だけの成功ルートの見つけ方

どうも!ブランドクリエイターの中江です。

今日は「【2つの螺旋丸から導く】自分の成功ルートの見つけ方」というテーマでお話していきたいと思います。

最近は、鬼滅の刃が流行っていますが、日本を代表する「漫画・アニメ」の一つにNARUTOがあります。

NARUTOは、忍同士が超常的な能力を駆使したド派手な戦いを繰り広げるバトルアクション漫画で、全世界で累計2億部を突破している、国内のみならず、世界でも大変人気の「漫画・アニメ」です。

画像出典:https://twitter.com/naruto_blazing

NARUTOの物語は2014年で完結し、2016年からは、その後のNARUTOの世界が描かれる「BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-」がスタートしました。

この物語の主人公はナルトの息子のボルトです。

画像出典:https://twitter.com/narutotoboruto

最近、ちょくちょく空き時間に、BORUTOのアニメを見たりなんかしてるのですが、やっぱり、NARUTOの時と共通して、面白いなと思うのが「螺旋丸の習得」の話です。

螺旋丸というのは、ナルトの父親であり、3代目・火影のミナトが発明した大技の忍術ことです

画像出典:https://twitter.com/takeout11

ちなみにこんな技です。

ナルト家は「ミナト→ナルト→ボルト」という形で、代々、この螺旋丸を習得してきました。

ですが、この螺旋丸は非常に習得難易度の高い技です。

この丸い高エネルギーの玉を練り上げるには、掌で、右回転と左回転のチャクラを同時に放出し、圧縮しないといけません。

元々、技の開発者であったミナトは、センス抜群の天才忍者だったので、この左を向きながら右を向くかのような離れ業も普通にやってのけました。

ですが、息子のナルトはこの螺旋丸の習得にとても苦戦します。

というのも、ナルトは不器用だったからです。

最初は中々、片手で、同時に右回転と左回転のチャクラを練り上げることができません。

そして、苦労して、それができるようになっても、両回転を帯びたチャクラを圧縮することができないんです。

では、どうやって、ナルトはこの技を習得したのか?

ナルトは、影分身して、役割を分けました。

一人はチャクラを両回転回す。

もう一人は、その両回転に放出されたチャクラを圧縮するという風に。


画像出典:https://chomanga.org/

そして、ナルトは螺旋丸を習得したんです。

ナルトは、生まれ持った性質上、人よりもチャクラの量が多くて、影分身もしやすかったんです。

このように自分の性質に合わせて、技を習得したんですね。

この螺旋丸習得の流れって、めちゃくちゃ重要で、色んなことに応用できるんですよね。

というか、どんなことに取り組むにしても、成功ルートの見つけ方はこうなります。

ナルトは、まず、父親が生み出した、父親の方法で、螺旋丸に取り組みます。

ですが、その方法では、螺旋丸を習得することができませんでした。

要するに、教科書に書いてるような

こうやれば、うまくいくよ

というノウハウのことですね。

当然です。

ノウハウというものは、あくまでも、その人の体験を抽象化し、広く使えるように体系化したものでしかないからです。

ノウハウというのは、自分の特性とマッチして初めて使いこなすことができます。

父親のミナトの螺旋丸習得の方法というのは本物でした。

だって、ミナトはそのやり方で螺旋丸を出すことができるんですから。

でも、ナルトは、ミナトのような器用で天才的な特性は持ち合わせていません。

その場合、ノウハウが本物でも、現実化するのは難しいのです。

ミナトの方法で、そのまますぐに螺旋丸が使えるようになる人は、ごく一握りです。

多くの場合、ナルトのようになってしまいます。

ここで求められるのは、自分の特性に合わせて、ノウハウをカスタマイズすることです。

ナルトの場合、不器用なので、片手で両回転のチャクラを出して、それを圧縮までするということはできませんでした。

だから、影分身を使って、その役割を分け、二人で完成させたのです。

ナルトは、生まれ持った性質上、人の何倍ものチャクラ量を秘めています。

お腹の中に、九尾という尾獣を飼っており、そこからチャクラをもらえるからです。


画像出典:https://prcm.jp/

また、子どもの時に、影分身に関する「秘伝忍術」を盗み見て、影分身は大得意なのです。

ナルトの特性とマッチさせたからこそ、螺旋丸習得は上手くいったのです。

その後も、自分の特性に合わせて、ナルトは螺旋丸を進化させていきました。

そして、面白いのが、このパターンは、ボルトにも当てはまることです。

画像出典:https://twitter.com/narutotoboruto

ボルトは、意外とあっさり螺旋丸を習得できました。

ミナトの天才的なセンスを受け継いだんでしょう。

ですが、螺旋丸が、父親のような威力が出ないことに悩みます。

というのも、螺旋丸はとても多くのチャクラ量を必要とする技です。

ナルトは、螺旋丸の威力を高めるために、ストーリーの後半で、大玉螺旋丸という技を編み出します。


画像出典:http://www.suiyishop.cn/

普通の螺旋丸ではダメージを喰らわせられない強敵にはこの技を使ったのです。

そして、ボルトは、螺旋丸の威力を高めるための修行を、6代目火影のカカシにつけて貰います。

画像出典:https://www.pinterest.jp/

ですが、ボルトはカカシに

大玉螺旋丸の習得は天地がひっくり返っても無理

と言われてしまいます。

というのも、それは技術の問題ではなく、ボルトに、ナルトほどの絶対的なチャクラ量がないからです。

これは修行で磨くのも限界があります。

では、どうやって、螺旋丸を強化すればいいのか?

ボルトは途方に暮れ、悩みます。

そして、ついに自分の特性に合った技の強化方法を見つけます。

それが「圧縮・螺旋丸」です。


画像出典:http://animesoku.com/

螺旋丸を大きくするのは、ボルトの特性上無理です。

だから、発想を逆にして、螺旋丸により圧縮力を加えて、威力を数倍に増したのです。

これでボルトは、螺旋丸の強化に成功しました。

ここまで見てわかるように、成功ルートというのは、テンプレートがあるわけではないということです。

最後は、自分の特性に合わせて、自分で見つけるしかありません。

先人の成功モデルは参考にはなります。

ですが、参考にして、そのまま真似ているだけだと、不十分な場合があるということですね。

これはどんなことでも応用できる考えた方なので、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

では、今回は、以上になります!

お疲れ様でした!

By 中江 翔吾 経営哲学 Share:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

About Me

名前:中江翔吾。職業:ブランドクリエイター(デザイナー&コンサルタント)一流のデザイナーからグラフィックデザインを学び、フリーランスのデザイナーとして活動を開始。その後、インターネットマーケティングの力を活用し、安定した集客の仕組みと、ブランドを構築。営業は全くせずに仕事の依頼が常に2~3ヶ月待ち。現在は「CREATE A BRAND」をコンセプトに、デザインとマーケティングの力を使って、個人・企業の規模を問わずに、ブランド構築のサポートを提供している。

Follw Me
最近の投稿
【ラジオ配信】Youtubeで疲弊せずに配信を続けるためのポイント
【ラジオ配信】Youtubeで疲弊せずに配信を続けるためのポイント
【Youtube】サイボウズから学ぶインナーブランディングの重要性とは?
【Youtube】サイボウズから学ぶインナーブランディングの重要性とは?
【Youtube】ブランディングの手法と流れを徹底解説!「長野県No.1のタクシー会社」の事例から学ぶ
【Youtube】ブランディングの手法と流れを徹底解説!「長野県No.1のタクシー会社」の事例から学ぶ
【SUITSと渋沢栄一から学ぶ】道理に基づいた経営判断ができない企業はなぜ滅ぶのか?
【SUITSと渋沢栄一から学ぶ】道理に基づいた経営判断ができない企業はなぜ滅ぶのか?
【ラジオ配信】ホームページ制作の価格を40倍にまで高めた方法
【ラジオ配信】ホームページ制作の価格を40倍にまで高めた方法